補修事例

床鳴り処置後のフローリングの穴キズと枠キズ補修

福島県郡山市での案件

ご依頼主様 :法人様
依頼案件  :新築引き渡し前補修依頼
依頼理由  :床鳴りをビスでとめるのでその後の補修でお願いしたい
キズの大きさ:約1.5~2センチの穴キズが2つと枠キズ1つ

床鳴りが起こっていた箇所に大工さんの方でビスを打ってもらい、床鳴りが止まったあと補修という流れで作業しました。
床鳴りには様々なケースがあるため、原因や音の大きさ・場所などによって施工方法も変わりますし完全に床鳴りが収まらない場合などがあります。

今回はビス2つで床鳴りが止まりました。
こちらは下地処理をしてパテで平滑にした状態です。
その後に着色・ツヤ調整をして仕上げました。

 
こちらは枠キズの施工前後です。

小さいけど気になるキズ、「これは直らないよな~」と諦めてしまったキズ
んな些細な事でもご相談頂ければ幸いです。
住まいのキズ等でお困りの方、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お急ぎの場合等、こちらにご連絡ください!
070-5623-8996(池田まで)

関連記事

リペアスタッフ・協力会社様募集中!
ペットの引っかき傷・かじられ傷の柱補修
床鳴りでお困りの方へ

補修事例





ページ上部へ戻る