補修事例

付框のキズ補修

福島県伊達市での案件

ご依頼主様 :法人様
依頼案件  :リフォーム現場の付框補修
依頼理由  :付框は既存のままだったので少しでも綺麗な状態にしてもらいたい

はじめは施工の予定はなく塗装屋さんに色だけ塗ってもらう予定のようでしたが、部分的にキズが深く塗装も単色になってしまうということで完璧な再現まではしなくていいので補修でお願いしますということでご依頼いただきました。

廊下側は中までえぐれていたので下地が見えていますが逆に玄関側はへこみキズが無数に広がっています。
また玄関からの直射日光の経年劣化で廊下側から玄関入り口側にいくほど色が褪せていました。

 
パテで凹凸を平滑にした後、塗装に入ります。
何色か調色し木目や模様を馴染ませながら塗装して施工完了です。


離れてみたときの施工後です。
角からシューズボックスの面は施工せずそのままでといいうことでしたのでそちらの色に合わせて仕上げていきました。


こちらはドアクローザーを取り外した後の状態です。

 
パテで平滑にし、方向変色や白浮きに気をつけながら着色し仕上げました。

小さいけど気になるキズ、「これは直らないよな~」と諦めてしまったキズ
んな些細な事でもご相談頂ければ幸いです。
住まいのキズ等でお困りの方、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お急ぎの場合等、こちらにご連絡ください!
070-5623-8996(池田まで)

関連記事

リペアスタッフ・協力会社様募集中!
ペットの引っかき傷・かじられ傷の柱補修
床鳴りでお困りの方へ

補修事例





ページ上部へ戻る