ブログ

台風水害による敷居補修

福島県郡山市での案件

ご依頼主様 :法人様
依頼案件  :敷居の補修
依頼理由  :台風による浸水被害で床を張り替えた際、敷居と床に段差ができてしまった
キズの大きさ:敷居2箇所

台風の浸水被害での工事だったため、お客様も元通りというよりは段差で怪我をしないようになればいい、色も剥げている部分を塗ってもらえればいいのでお願いしたいということでした。


床と敷居の間に段差と隙間ができているのと、表面がボロボロになっているのが目立ちます。


パテ処理した写真です。密着を良くしパテで段差を緩和しました。


塗装後の写真です。


パテ処理後の全体の写真です。


施工後の全体写真です。

 
もう一つの敷居の施工前後です。

下地処理、パテ成形、塗装で施工完了です
木目模様も入れながら塗装仕上げしました。

小さいけど気になるキズ、「これは直らないよな~」と諦めてしまったキズ
どんな些細な事でもご相談頂ければ幸いです。
住まいのキズ等でお困りの方、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お急ぎの場合等、こちらにご連絡ください!
070-5623-89961(池田まで)

関連記事

リペアスタッフ・協力会社様募集中!
ペットの引っかき傷・かじられ傷の柱補修
床鳴りでお困りの方へ

補修事例





ページ上部へ戻る