ブログ

室内ドア凹みキズ①

福島県本宮市での案件

個人様より室内ドアの凹みキズ補修案件をいただきました。
お引越し前ということでご依頼頂きました。
キズは横幅約12cmくらいの大きなキズです。
このドアはよくアパートなどで使用されいるタイプで、
中が空洞になっているフラッシュドアというものです。
フラッシュドアなので、凹みと一緒に割れたようなキズになるのが特徴です。
キズのキワの部分は凹んだ衝撃で少し凹凸になってしまうので、まずはその凹凸を平滑にします。
凹凸がなくなったらパテ埋め、削りの作業を3回ほど繰り返し、凹みがない状態にしていきます。
そして最後は塗装です。
今回は3色程調色し色を重ねて仕上げていきました。
キズの場所が分からなくなるよう塗装したら施工完了です。

小さいけど気になるキズ、「これは直らないよな~」と諦めてしまったキズ
どんな些細な事でもご相談頂ければ幸いです。
住まいのキズ等でお困りの方、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お急ぎの場合等、こちらにご連絡ください!
070-5623-89961(池田まで)

関連記事

こんなキズもお直し致します。

賃貸物件管理会社様・大家様向け
ペットの引っかき傷・かじられ傷の柱補修
床鳴りでお困りの方へ

補修事例





ページ上部へ戻る