木造住宅、古屋の柱・建具のあく洗い

「キレイで美しかったお家の和室や柱… 年数を重ね、
明るかったお部屋が暗く重たい雰囲気になってしまった!」

「30年も経つと、日焼けやタバコのヤニで汚くなってしまった…
日中でも暗く感じる。なんとか明るくならないかなぁ・・・」

そんなお悩みはございませんか?
毎日の生活の中で少しずつ変化していく色、落ちない汚れ、湿気によるカビなど
当店では「木部のあく洗い、しみ抜き、汚れ落とし」の施工もご相談頂けます。

原因として、日光による日焼けやホコリ、たばこの煙など様々な要因が年数とともに積み重なり
当時は白く美しかった白木が、重く暗い色へと変化していってしまうのです。
その汚れやシミをキレイに取り除き、「木」本来の姿を蘇らせるのがこの「あく洗い」です。

実際に、あく洗いをしている最中に撮影した画像を交えながらご案内致します。

▽あく洗いのビフォーアフター
ba_121png

弊社が施工しました築40年のあく洗い施工前後の画像になります。
長年の汚れやたばこの煙等で黒く濁っていた柱が見違えるように元の色へと変わりました。
天井の色と比べると木の明るさが一目瞭然ですね!

▽カビ落としビフォーアフター
ba_122

窓際のこのような柱は、湿気などによってカビが発生することが多いです。
画像でも分かるとおり黒いカビが目立っていましたが、カビが落ちた後は
木の節目が見えるほど美しい木目が顔を出しました。

▽天井のあく洗いビフォーアフター(途中経過)
ba_124
左)作業前の状態です。真っ黒ですね…。
右)作業中の一枚。塗っている最中から汚れが浮き出ているのが見てわかります!
ba_127
左)一回目のあく洗いの様子。一回目だけで色の違いがこんなにも変わります。
右)あく洗い二回目の様子です。だいぶ色が明るくなってきました!
ba_126
3回目であく洗い終了!築40年の家屋でしたので、大分時間がかかりましたが初めは真っ黒で見えなかった木目も、こんなにキレイに見えるようになりましたよ!

▼あく洗い施工工程

①あく洗い ②シミ抜き  ③漂白
ba_118
※あく洗い前の状態
ba_119
※あく洗い後、シミ抜き前の状態
ba_120
※漂白(カビ取り)前の状態
あく洗い専用の液剤を使用します。
「塗る→拭き取る」を木材の状態に
合わせ繰り返していきます。
この工程で表面の変色やほとんどの
頑固な汚れを落とす事が出来ます。
こすらないので木材を傷めずに施工
することが可能です。
シミ抜き専用の液剤を使用します。
この工程では紫外線によるシミなど
①の段階で落ちなかった汚れを落と
していきます。
①では汚れがたくさん浮き出てくる
のに対して、②はシミに液剤を染み
込ませて綺麗に取り除くという役割
があります。
漂白専用の液剤を使用します。
①・②の工程で落ちなかった日光
による日焼けや、結露による湿気
で出来たカビなどを落としていく
工程です。
あく洗い・シミ抜き後の木材のカ
ビはよく目立ちますので、綺麗に
取り除く必要があります。

 さらに木部のあく洗いに合わせまして無垢材の補修もご相談ください!

「実は汚れだけでなくキズをつけてしまった」
「ペットが柱をガリガリにひっかいてしまった」

など、木部あく抜きとご一緒にキズの補修もお受けします!
どんな些細な事でも、ご相談頂ければ幸いです。お気軽にお問合せくださいませ。

《ご来所のお客様へ》

※白い3階建の建物1Fが当事務所となります。お近くまでお越しの際は、目印でご活用下さい。(無料駐車スペースあります)

こんなキズもお直し致します。

ペットの引っかき傷・かじられ傷の柱補修
スプレーガンによる玄関ドア塗装補修
ページ上部へ戻る