ブログ

無垢材の補修

福島県郡山市での案件

無垢材補修のご依頼をいただきました。
無垢材に誤って切り欠けを4箇所入れてしまったとのことで、補修しました。画像では一か所のみ
赤丸で囲ってありますが、実際は同じ欠けのものを4箇所補修しています。
突板は貼ることも頭をよぎりましたが、注文してから間に合いそうにないことと、補修箇所が
3メートル程度離れた場所から見ることがほとんどの場所でしたので、気付かない程度に補修しました。
比較的、無垢材の補修は猫による爪とぎで柱がほとんどです。
無垢材は、日焼けにより経年で色が変わってきますので数年後には日焼け部分と補修部分の色合いが
違ってきますのでご依頼の場合にはご説明させていただきます。

関連記事

《ご来所のお客様へ》

※白い3階建の建物1Fが当事務所となります。お近くまでお越しの際は、目印でご活用下さい。(無料駐車スペースあります)

こんなキズもお直し致します。

ペットの引っかき傷・かじられ傷の柱補修
スプレーガンによる玄関ドア塗装補修
ページ上部へ戻る